公開してほしい

それぞれの政治家が、ネットで細かく提示すればよいと思います。
公開できないものは、実費で購入すればOKなので、それは公開せずに、公費で購入したものはすべて公開すれば良いのでは。
きちんとお給料は出ているのだから、実費だって、痛手ではないはずです。
庶民のもらえる金額ではないわけですし。
細かいものも、秘書がいるのだから、しっかりと働いてもらって。
国民の税金を使っているのだから、それは当たり前だと思うのですが。

お金の出入りをしっかり監視

企業や団体からの資金を禁止する方法もありますが、そもそも政治にそんなにお金が掛かる事がおかしい気もします。とは云ってもいまはどうしようもなさそうなので、政治家への監視の目を強めるような機関(今もあることはありますが)を強化してはどうでしょうか。ただし天下り機関ではもちろんありません。さらに政治家への罰則を重くする。問題が発覚したならとことん最後まで追求するなどの厳しい姿勢も必要だと思います。そんな厳しいことをしなくても良いような政治家を選挙で選べるように、私たちも彼らをしっかり見抜かなくてはならないですね。

政治とカネの問題の解決策

政治とカネの問題をなくすためには、まず、政治資金パーティーを含めた企業団体献金の全面的な禁止することがひとつの方法だと思います。しかし、合法な献金が違法性を帯びることで裏金となって新たな問題に発展する可能性は拭えません。もう一つの解決策は、限りなく政治資金に関する情報を透明化することかと思います。補助金を受けて献金ができない企業をデータベース化して、政党へ情報提供することができれば、事前の確認や責任の範囲を明確にすることが可能になるはずだと思います。