完全無給

政治家というものは、国のため人々のために、無給で奉仕する職業なのです。私財をなげうってもらわなければ、やってはいけないものなのです。人々に金を配って、24間世界平和のために働いて、朽ち果てていく運命の職業なのです。神聖な政治家という職業で、金儲けしようなどとは思ってはなりません。完全無給があたりまえの職業なのです。高潔な奉仕の塊のような人だけに許された仕事なのです。政治家に金なんか握らせる必要はありません。

関心を持つ事

これは政治・おカネだけの問題ではないのですが、世の中の出来事に対して私たち1人1人が他人事ではなく自分の身の回りに起こっている事としてまずは関心を持つ事です。無関心が1番いけない事だと思います。ただわからないで済ませるのではなくて、新聞・インターネットなどでその情報を得たり、これから政治家の方へ私たち国民の思いを託すだけではなく、彼らの動向を見守りおかしい点があれば声を上げるなど関心があることを示していけば、その問題も解決の方向へ向かうのではないかと思います。